自宅の軒下にある蜂の巣退治|知識とノウハウを持っている駆除業者

作業員

ハーブを使った撃退方法 

作業者

年々蜂による被害が拡大していて、特に冬眠から目が覚めた3月辺りに被害が多くなります。住宅の庭先や天井裏などに大きな蜂の巣を作り、近くにいる人間を襲うケースも多数発生しているので、非常に危険で対策をしなくてはいけません。最初に考えることは、生活環境に蜂が寄り付かないようにすることです。対策をしないと蜂の巣を住宅に作ってしまい、家族が蜂の被害に遭う可能性がありますし、駆除するのは大変なことです。ですから、3月の蜂が活動的になる前にしっかりと対策をしておきましょう。

春になって庭に花が咲き始めると、花の蜜を集めるために飛び回っています。蜂駆除用のスプレーもすごく効果的ですが、蜂駆除用のスプレーよりもコストを抑えて撃退したい方は庭にハーブを植えると良いでしょう。ハーブの強烈な香りは料理のアクセントになりますが、蜂はこの香りを苦手としています。そのため、庭にローズマリーやペパーミントなどの香りの強いハーブを植えることで蜂は寄り付かなくなり、庭先や住宅の軒下や天井裏に蜂の巣を作ることもないでしょう。

庭先にハーブを植えると他にもメリットがあります。蜂が寄り付かない生活環境になるだけでなく、ハーブを収穫して料理に使うこともできます。さらに、ハーブが庭にあると景観が良くなります。蜂の巣が出来ないだけでなく、ガーデニングを楽しむことも出来ます。ハーブを栽培しながら家族を蜂の被害から守ることができるため、最近注目を集めているので毎年蜂の駆除で困っている方は試してみてはどうでしょうか。